スクリーンリーダー用ショートカット

来て!みて!遊ぼっ!

海老川13橋めぐり

御滝山金蔵寺内の湧水を源流に船橋の中心市街地を悠々と流れる海老川。その昔、船橋の地に訪れた源頼朝にこの川で取れた海老を献上したことが名称の由来と言われています。

海老川にかかる13の橋の欄干には、それぞれ特徴的なレリーフが設置されており、往来する人の心を和ませてくれます。

散策路やジョギングロードが整備され、四季折々の自然を満喫しながらゆっくり歩くことができるコースです。

海老川地図

コース(全行程 約2.6km) 

京成大神宮下駅
↓280m・5分 
1. 船橋橋
↓100m・1分
2. 八千代橋
↓270m・5分
3. 海老川橋
↓40m・1分
4. 万代橋
↓75m・1分
5. 栄橋
↓60m・1分
6. 丸山橋
↓100m・1分
7. 丸重橋
↓120m・2分
8. 新海老川橋
↓400m・7分
9. 太郎橋
↓300m・5分
10. 富士見橋
↓550m・10分
11. 鷹匠橋
↓500m・9分
12. 八栄橋
↓250m・4分
13. 向田橋
↓80m・1分
八栄橋バス停(船橋新京成バス)

海老川13橋の紹介                                 

 

 

名称

読み方

イメージ

特徴

写真

1

船橋橋

ふなばしはし

海へのロマン

愛らしい親子カッパの像

船橋橋

2

八千代橋

やちよはし

漁業・豊漁

昔の漁の風景を刻んだレリーフ

八千代橋

3

海老川

えびがわはし

歴史・商業

別名「長寿の橋」。船橋の地名の由来と故・泉重千代さんの手形

海老川橋

4

万代橋

よろずよはし

海と生物の姿を刻んだレリーフ

万代橋

5

栄橋

さかえはし

音楽

「手のひらを太陽に」の歌碑とブロンズ像。音符の高欄

栄橋

6

丸山橋

まるやまはし

ボランティア精神

市のボランティアキャラクター「さざんかさっちゃん」の像

丸山橋

7

九重橋

ここのえはし

文芸

太宰治の肖像と「走れメロス」の一節を刻んだレリーフ

九重橋

8

新海老川橋

しんえびがわはし

祭り

子どもの音楽隊とばか面踊りの像

新海老川橋

9

太郎橋

たろうはし

日本の童話

金太郎・浦島太郎・桃太郎・ものぐさ太郎の像

太郎橋

10

富士見橋

ふじみはし

芸術

四季を表す女性の像

 富士見橋

11

鷹匠橋

たかじょうはし

歴史・自然

13橋の中で唯一の木製の橋

鷹匠橋

12

八栄橋

やさかえはし

スポーツ

スポーツ健康都市のシンボル「汗一平」の像

八栄橋

13

向田橋

むかいだはし

農業・豊作

えさをついばむ2羽のキジの像

向田橋

ジョギングロード

海老川ジョギングロード富士見橋から北谷津川にかけて往復約3.2kmのコース。スポーツ健康都市として市民の皆さんが気軽にジョギングや散歩を楽しめるように造られたもので、将来は運動公園まで延長される予定です。
また、桜の名所としても知られ、春には両岸に植えられた約500本の桜が、川面を覆うように咲き誇り、花見客の目を楽しませてくれます。

有森裕子さんの足型 

有森裕子さんの足型八栄橋付近にオリンピックのマラソンで2大会(バルセロナ・アトランタ)連続してメダルを獲得した有森裕子さんの足型の記念碑があります。有森さんは、現役時代に市立船橋の陸上部元監督の小出義雄氏の指導のもと、海老川ジョギングロードで練習していました。