本文へ

Translate to

よみがな

  • 非表示
  • 表示
  • 非表示
  • 表示

文字サイズ

  • 縮小
  • 拡大

配色

  • 通常
  • 白黒

保育園などの利用手続き

最終更新日:平成27(2015)年3月20日(金)ページID:015434印刷

保育園情報トップページはこちら入所手続きについてはこちら申請書等のダウンロードはこちら保育料についてはこちら保育園一覧はこちら待機児童関連情報はこちら公立保育園の地域交流についてはこちら

対象施設

 認可保育園、認定こども園(2・3号認定子どものみ)、小規模保育事業、家庭的保育事業

利用申込みのできる方

 保育園などの利用申込みの対象になるのは、下記の通りとなります。

  1. 月64時間以上就労をしていること
  2. 出産の直前か直後であること
    出産の前2ヵ月から(多胎妊娠の場合は出産月の前4か月から)出産日から起算して57日目が経過する月の末日まで
  3. 病気や怪我のため、又は精神や身体に障害があること
  4. 同居の親族(長期入院等をしている親族を含む)を常時介護又は看護していること
  5. 震災、風水害、火災その他災害の復旧に当たっていること
  6. 求職活動(起業の準備を含む)を継続的に行っていること
    (認定後、90日以内に月64時間以上の就労を開始することが条件)
  7. 学校教育法に規定された学校に在学しているか、職業訓練校における職業訓練を受けていること
  8. その他、法令等に定めのある場合

「支給認定」

 平成27年4月から、幼稚園や保育園などを利用希望する場合、「支給認定」の申請が必要となります。
 「支給認定」とは、幼稚園や保育園などを利用するための認定で、お子さんの年齢と保育の必要性の有無によって3つの区分に認定されるものです。
 区分によって利用できる施設が異なり、認定を受けると、認定内容が記載された「支給認定証」が交付されます。

 ※幼稚園は、現在の制度のままで継続するか、新制度に移行するか選択が可能です。平成27年4月現在、市内に新制度に移行する幼稚園はありません。

 →支給認定については、こちら

支給認定の説明図

利用手続きの流れ

(1)見学

希望する施設の見学を行ってください。保育内容や施設の雰囲気などを確認しましょう。

※家庭的保育については、事前見学が必須条件となります。見学の際に保育者から「家庭的保育者事前見学済証明書」を受け取ってください。

(2)支給認定・保育施設利用の申し込み

申込書の配布場所

保育課、各保育園、船橋駅前総合窓口センター(フェイスビル5階)、各出張所、各連絡所などで配布しています。

※「申請書等のダウンロード」からも申請書一式を取得することができます。

申込みの受け付け

市役所3階の保育課、または利用を希望する施設で受け付けをしております。提出書類のほか、母子手帳・健康保険証を持参し、お子さんと一緒にお越し下さい。
利用希望施設で申込みをする場合は、事前に申込日時について施設に電話予約をしてください。

申込みの締め切り(平成27年度)

原則として毎月1日が利用開始日となります。申込みの締め切りは、利用希望月によって下記のとおり異なります。利用申込みをする場合は、締切日までに手続きをお願いします。(左記の締切日が土日・祝日の場合は、その前日が締切日となります。)

利用希望月 保育園への
申込締切日
市役所保育課への
申込締切日
平成27年 4月 平成26年12月15日 平成26年12月25日
4月2次受付 - 平成27年1月30日
5月~12月 前々月の25日 前々月の末日
平成28年 1月 平成27年11月25日 平成27年11月末日
2月 平成27年12月15日 平成27年12月25日
3月 平成27年12月15日 平成27年12月25日

4月利用の申込みは10月1日より受け付けを開始します。

 ※4月の2次受付は1次の方全員が利用決定しても、なお空きがある施設について協議するものです。

(3)支給認定

 提出いただいた書類をもとに、認定の可否について結果を通知します
 また、支給認定を受けた方には、認定内容が記載された「支給認定証」を市から交付いたします。
 支給認定の確認作業に時間を要するため、認定可の通知と支給認定証の交付は、利用調整の結果通知と一緒に行います。認定ができないことが確認された場合のみ、すぐに保護者に通知します。

 ※支給認定の可否と施設利用の可否は異なります。
  支給認定を受けた方でも、利用調整の結果、受入れができない場合がありますのでご了承ください。

(4)利用の可否決定

 締切日までに申込みされた方について、父母等の就労時間・家庭状況等により保育の必要性の度合いを点数化し、必要性の高い(点数の高い)お子さんから順に利用を承諾します。
 施設に受入の余裕がないなど、利用申込みをされてもご希望に添えないことがあります。
 現在の空き状況については、保育課にお問い合わせください。

待機児童関連情報はこちら

判定基準

入所判定基準早見表(PDF形式:130KB) 

(5)結果

 原則として、毎月10日前後に利用調整会議を行い、新たに申込みをされた方については同日に利用可否の通知文書を自宅あてに発送します。
 なお、待機されている方については、利用可能となるまでは再通知いたしません。
 ただし、4月1日利用の利用調整の結果については、待機者も含め申込者全員に2月中旬ごろに通知します。

(6)説明会

 施設の利用が内定しましたら、施設で説明会があります。
 お子さんの面接などもありますので、必ずお子さんといっしょにご参加ください。

 保育園以外の施設は、保護者と施設の契約を行います。
 保育条件や実費徴収金などをふまえて、お子さんを預かる・預けるという双方の意思(合意)を確認します。

(7)利用開始

 毎月1日が利用開始日となります。

(8)ならし保育

 慣れない環境で1日を過ごすことは、お子さんにとって大変な負担となります。お子さんの負担を軽減するため、施設との話し合いによって、保育時間を徐々に延ばしてならしていきます。
 ならし保育は、利用開始日(毎月1日)から始まり、期間はお子さんの状況によって施設が判断します。ならし保育の期間中はお子さんのお迎えが早くなりますので、ご注意ください。
 ※利用開始日より前にならし保育をすることはできません。


その他利用申込み

発達支援保育が必要な場合は、通常と締切日が異なります。

 原則として、利用希望月の3カ月前の末日が締切日となります。
 (例)10月1日から利用希望→7月末日が締切日
 ※お子さんの状態によっては、利用希望月の4カ月前の末日までとなることがあります。
発達支援保育についてはこちら

食物アレルギーを持っているお子さんの利用

 保育園では、アレルギー対応の給食を可能な範囲で行っています(お弁当の持参をお願いする場合もあります)。利用の申込みの際は、「食物アレルギー調書」に詳しく記入のうえお申込みください。申し込み時に、栄養士または看護師と相談していただく場合があります。

 なお、家庭的保育と一部の施設ではアレルギー対応をしておりませんので、事前に各施設にお問い合わせいただくか、見学の際にご確認ください。

育児休業明けで申し込みをされる方

利用申込みの対象となる月は、職場復帰日によって異なります。ご提出いただく就労証明書や育児休業証明書により、復帰日を確認します。

月の1日~15日の間に復帰する場合

 前月の1日からの利用対象

 (例)5月1日~15日の間に復帰→4月1日からの利用対象

月の16日~31日の間に復帰する場合

 当月の1日からの利用対象

 (例)5月16日~31日の間に復帰→5月1日からの利用対象

転入予定の方

 締切日までに転入されない方の申込み手続きは、住民登録のある市区町村でしていただきます。
 必要書類は、次のとおりです。

  1. 申込書類と保育の必要性を確認できる書類(住民登録のある市区町村の様式)
  2. 母子手帳のコピー(出生届出済証明・出産の状態・最新の健康診断・予防接種のページ)
  3. お子さんの健康保険証のコピー
  4. 税資料(市民税課税証明書)
  5. 転入先住所・時期の分かるもの(住宅の売買契約書・賃貸借契約書の写しなど)

 ※締切日の1週間前までには、申込み手続きを終えてください。

よくある質問

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

回答
お問い合わせ先

保育課 / 電話番号:047-436-2330 /FAX:047-436-2332/ メールフォーム

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間 : 午前9時から午後5時まで 休業日 : 土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

施設案内 子育て応援情報サイトふなっこナビ ふなばしプラス こどもホームページ